副院長 紹介

 

副院長  大門 まさのぶ  (だいもん まさのぶ)

経歴  会社員→洋画家→整体師

 疲労回復協会認定 臨床実践会員

副院長大門まさのぶ
出身地

静岡県富士市

趣味・特技絵を描くこと
好きなスポーツスキー(検定2級)・野球(キャッチャー、センター)←強肩でしたが肩を痛めて引退
好きな音楽

クラシック音楽  シューマンの「春」

映画音楽    シバの女王・白い恋人(石屋製菓の商品ではありません)

好きな楽器ヴァイオリン  (曲線と音色が美しいです)
好きな食べ物桃・メロン・柿の種・おはぎ…色々あって選べません(^^ゞ
嫌いな食べ物ゲテモノと言われるジャンル
好きな動物鯉(飼っています)・馬(飼っていません)
ハマっていること新しい施術手技の習得(おそらくこれからも増えます)
行ってみたいところ南スペイン地方 白い村を散策してみたい
好きな風景夜明けの水面(に映える太陽の輝きが神々しい…)
休日の過ごし方

撮りだめしたTV番組観る

「大河ドラマ・朝ドラ・映画(カンフー・カーアクション・ドキュメンタリーetc.)など」

目標地域で一番お役に立てる整体院にすること

治療家を目指したきっかけ

はじめまして、大門まさのぶ です。

24歳の時に物置を作るための材料をトラックから降ろす時、腰と背中に今まで経験したことのない重苦しさを感じました。

次の日重い材料を持ち上げた時、グキッという音がしました。これがあの有名なぎっくり腰…(((+_+)))

それがクセとなり、腰に不発弾状態が何度も訪れました。

数年後、腰が抜ける事はなくなりましたが、常に何かが腰に重くまとわりつく感覚と、痛みが取れずにいた時、知人から家に連れられ、彼の父親が、私の腰椎を軽くさすりゆがみが痛みの原因だと説明、両手の親指で痛かった所を押すと、あれほどひどかった腰の痛みが消えました。地獄が天国に変わった…(^^ゞと思ったくらい感動しました。

今後のためにと腰痛体操も教わりました。

それからも、痛みは常に出ていたので、教わった体操をすると痛みが和らぐのですが、年齢とともに回復が遅くなり、ついにどんなに体操をしても痛みが取れなくなり、毎日痛みが増すばかり…、このままではやばいと思い、会社帰りに整体の看板を見つけて、入口にあったチラシを手に取り、ここなら信用できそうだと思い通院し始めました。

整体を受けている時の感覚は触られている位で痛みもなく、むしろ心地良く、これをきっかけに整体に興味を持ちましたが、

(過去の作品より)

20代からの趣味が高じて、26年間勤めていた会社を早期退職、洋画家として2005年から中央区銀座を拠点に毎年2回以上、合計26回の個展を開催しておりました。

2014年2月よりアーティスト時代の感性を生かした整体師へと進み、身体の痛みを取り除くだけでなく、2度と同じ痛みが出ないようにお手伝いをいたしますので一緒に頑張っていきましょう

私におまかせください。