四十肩・五十肩

四十肩・五十肩でこんなお悩みありませんか?

ある日、気づいたら腕が上がらなくなってしまった、髪の毛を結ぶのがつらい、後ろに手が回らなくなり、ブラジャーのホックを前でとめて、後ろ(背中)に移動させるようになってしまった…

四十肩・五十肩を引き起こす原因

四十肩・五十肩とは、以前は五十歳前後になるとよく起きる症状でしたが、最近は四十歳前後でもおこるようになってきたため、四十肩・五十肩と呼ぶようになりました。

四十肩・五十肩は通称で正式名称は「肩関節周囲炎」と言います。肩まわりに炎症が起こっている状態ですという意味です。

腕を上に上げるにつれて痛みが強くなったり、何気ない動作をするだけで強い痛みになったり程度は人によってさまざまです。
さらに、肩の関節が固まったようになってしまい、動かすことが出来なくなってしまうという症状もあります。

肩の関節は骨や軟骨や靱帯などで構成されていますが、四十肩・五十肩になるとこの肩周りのそれぞれのパーツが老化によって炎症を引き起こすようになって様々なトラブルを起こします。

具体的な症状としては肩の「痛み」と「可動域の減少」の二つですが、痛みの具合によって「急性期」「慢性期」に分けることが出来ます。

急性期は急激な肩の痛みとしびれ、可動域の減少に悩まされるようになるのですが、慢性期になると鋭い痛みから鈍い痛みに変わって可動域のちょっとした減少に悩むようになります。

四十代や五十代を苦しめる五十肩ですが、肩周辺組織が老化してしまい硬くなったり縮んでしまったりすることが原因と言われています。しかし、老化以外の原因についてははっきりしていない部分も多いので、未だに細かい原因については判明していません。

発症していない人ももちろんいるのですが、発症しない人と発症してしまった人の差が何かもまだ明確になっていないようです。ただ、傾向として野球やテニスといった肩を酷使するスポーツをしていた人ほど、肩のダメージが大きいので五十肩になる確率は高いと言われています。

仕事でもひたすら肩を使うような業務(例:道路工事の車両交通誘導、黒板に板書など)をしていた人も発症しやすいそうです。

あとは、栄養不足といった回復能力が減少する状況にある人も発症しやすいと言われておりますので、いろんな要因が絡まって発症していると思われます。

老化による肩のトラブルとして最も有名なのはこの四十肩・五十肩ですが、それ以外にも肩の痛みを引き起こす病気は色々とありますので、最初から四十肩・五十肩と特定してしまうのはちょっと危険かもしれません。

骨腫瘍や石灰沈着性腱板炎や肺癌や心筋梗塞といった様々な病気でも肩の痛みが発生するケースがあるので、過度に不安になることはないと思いますが、念のため病気を疑ってみる必要もあるでしょう。

特に、内臓器官系の病気を抱えていても肩の痛みがひどくなるというパターンがあるようです。

また、女性の場合は更年期障害によるホルモンバランスの乱れから肩の痛みに繋がるケースもありますし、人によっては腱板断裂が悪化して断裂がひどくなり即治療が必要な状況になってしまうパターンもあるようです。

このように、肩の痛みは他の病気の可能性があるので、検査をするときは触診だけではなくレントゲン写真・MRI・超音波検査といった他の病気かどうかをチェックしながらじっくりと調べることになるようです。

無理に動かさないようにしましょう。四十肩五十肩により肩が動かなくなってしまった場合、肩こりのようにストレッチをしてほぐそうとする方もいらっしゃいます。

しかし、肩こりとは原因が異なりますので無理に動かしてしまうと炎症を悪化させたり、筋肉や関節など傷つけてしまうこともあります。

強い痛みが続き、日常生活にも大きな支障をきたすというケースも少なくありません。無理をしたり、我慢したりせずにお気軽に渋沢すずらん整体院へご来院ください。

渋沢すずらん整体院は症状の原因をこう考えます

生活をしていると、

ずっと疲労は付きまと

身体の循環機能を悪くする4つの疲労原因

痛みやしびれの原因は、血流の悪さです

渋沢すずらん整体院の改善の道

施術の前に可動域検査を行い、現在のお身体の状態を確認します

当院ではこの3つの方法血流を促し
痛み”原因から”なくしていきます。

施術後

効果には個人差があります

秦野市の渋沢すずらん整体院について